新着情報&イベント NEWS & EVENT

新着情報&イベント

TREK(トレック)最新のMTB(マウンテンバイク)、Supercaliber9.8(スーパーキャリバー9.8)試せます!

2019年11月30日

バイク

目くらましをしながらワールドカップを転戦し、プロ選手の活躍を支えている話題の最新マウンテンバイクが入荷しました。

最新バイクのスペックを是非味わっていただきたいので、しばらく試乗車として使用します!

 

2020 試乗車 TREK Supercaliber 9.8 (AXSカスタム)

試乗車 スーパーキャリバー9.8 AXS カスタム仕様

カラー:Matte Carbon/Gloss Trek Black

サイズ:M

 

ハードテールなのか?フルサスペンションバイクなのか?議論は尽きませんが、乗り味もまさしくそんなようなイメージでしたが、最新技術が詰め込まれた話題のスーパーバイクです!

年々激しさを増していく世界のマウンテンバイクXC(クロスカントリー)レースに対応するために、フルサスペンションバイクを用いる選手が非常に多い中、

トレックは効率性と軽さも追い求めつつ、高い走破性を両立させるため、最新技術のIsoStrut(アイソストラット)が生み出されました。

 

構造的なロスを極限まで削ぎ落した、高効率のサスペンションシステム

中核になるのが、フレームとサスペンションを統一した、アイソストラットです。

フレームから取り外すと、このような感じになっています。

手前側にあるのが専用のサスペンションユニットですが、見えている部分が伸び縮みするわけではなく、中に入っているサスペンションユニットが、ねじれたり、曲がったりして効率が悪くならないようにするためのガイドのようなものです。

サスペンションユニット自体は、これの内部に収まっています。

専用品、ということで色々嫌な予感もしますが、そこは流石のトレック、FOXとの共同開発ですので、アフターパーツもばっちりですし、お手入れ自体も、一般的なリアユニットと同様になりますので、問題ありません。

エアボリュームスペーサ等、一般的なリアユニットと同様の調整が可能です。

ユニットを受ける側のフレームは、フロントサスペンションと同じ構造になっています。

サスペンション自体の効率が非常に高いだけあって、体重をかけたときの動きはスムーズそのもので驚きました!

フレーム側のピボットは1か所のみ、大径のベアリングで支えられています。

極細シートステーをしならせることで、リアの動きの多くを賄っています。

乗り味もまさしく同様のイメージで、フルサスペンションバイクに乗っている、というよりは、しなりが強いハードテールに乗っているような感じでした。

大きな衝撃に対しては、一般的なフルサスペンションモデルに及びませんが、それでもハードテールバイクからすると十分に楽に、細かめの衝撃に対してや、緩い路面でトラクションをかけてほしい時などは非常に良く仕事をしてくれます。

ピボット位置の最適化もあって、ペダリングロスはほとんど感じません。

むしろしなって推進力に変換してくれている感覚が強いです。

後述しますが、手元で一発前後同時ロックアウトもできますが、乗っているプロ選手も、ほとんどロックアウトをしない、というのがよくわかりました。

ロックアウトをしたときは、プロキャリバーよりも固く感じるぐらい、別物の乗り味になります。

ユニットの底?には蓋があり、これを外してバスオイルを充填することができるようになっているのですが、いつもの遊び心(真ん中にマークが)も隠れていました。

メインフレームとの対比で、非常に頼りなく見えてすらしまう、極細シートステーですが、トレックのOCLVカーボンは適度なしなりと高い強度を持ち合わせているため、何も心配はありません!

 

抜群のハンドリング性能、ストレートショットダウンチューブ&ノックブロック

トレックの多くのフルサスペンションバイクで採用されている、ハンドルが一定以上は切れないように制限するノックブロックはもちろん採用されています。

サスペンションを逃がすため、ダウンチューブを曲げる必要が無く、トップチューブからまっすぐにつながる構造のため、ヘッド周りの剛性が非常に高いです。

個人的に試乗して一番驚いた部分ですが、プロキャリバーと比較して、明らかにヘッド周りの剛性が高くなっており、カーブで思い描いたラインを通すことが非常に容易に感じました。

ハンドリングの軽快感が段違いで、バイクを操作するのが楽しくて仕方がないです!

 

レバー操作1発で全く違う乗り味に

スーパーキャリバー9.8から上のグレードは、ハンドル左側にロックアウトレバーが設けられており、レバー操作一つで、前後のサスペンションを瞬時にロックアウトできます。

ロックアウト前はしなりを強く感じるバイクですが、ロックアウトした瞬間からガチガチのバイクに変貌します。

舗装路や、強烈な加速が欲しい時に非常に便利です。

(個人的には、ロックアウトしないほうが好みの加速感でしたが・・・)

 

フルカーボンパーツを惜しみなくアッセンブルした完璧な仕様

このお値段(税込¥712,800)だけあって、ハンドルもフルカーボン、

ホイールもフルカーボンモデルが採用されています。

更に最初からチューブレス仕様と、このまま即レースに投入しても全く問題ありません!

トレックのフルカーボンホイールは、2年間のカーボンケアプログラム(2年以内の乗車時の不慮の破損に対して、無償交換可能)、もちろん保証もしっかりしているため、オフロードでも安心して使用できますよ!

 

コンポーネントはSRAM XX1 Eagle AXSに換装

通常のスーパーキャリバー9.8の場合、ドライブトレインはSRAM GX EAGLE仕様になりますが、今回試乗車ということで、無線式コンポーネントのXX1 Eagle AXSに入れ替えました。

こちらも併せてお試しいただけます!

2020シーズンになり、Eagle AXSも、無線部分のみの販売が始まり、、一気に導入しやすくなりました。

 

クロスカントリー系のレースや、自走、上り下りを含めたトレイルライド、SDA王滝への参戦など、間違いなく最高の相棒になってくれる、次世代のマウンテンバイクです。

スーパーキャリバーが出るまでは、プロキャリバーが一番に感じていましたが、一度乗ってしまうともう・・・。

ご興味のある方は是非試乗してみてください!

 

専門店だからこその組み立てクオリティ

当店はトレックコンセプトストアとして、スポーツ自転車専門店ならではの徹底した組み立てを行っております。

高価な自転車だからこそ、自転車の性能を完全に引き出し、長く楽しんでいただくための大切な仕事です。

TREKのバイクはお任せください!

ディスカバーバイクスの組立基準

 

 

アフターサポートも万全

当店では、購入いただいたバイクに対し、生涯無料点検、1年間パンク修理半額など、お客様が安心して乗っていただけるように万全のサポート体制を整えております。

購入後のメンテナンスもお任せください!

<ディスカバーバイクス 安心のアフターサポート>

 

Discover Bikes

TREK(トレック)のスポーツバイクなら、ディスカバーバイクスにお任せください。クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクのエントリーグレードからハイエンドまで、幅広く取り扱いしております。8号線、二日市交差点に位置し、金沢市、白山市、小松市方面からもアクセス良好。富山県、石川県、福井県の北陸三県唯一のトレックコンセプトストアです。

〒921-8809  石川県野々市市二日市4丁目1番地
TEL 076-259-1590
営業時間 :12:00~20:00
定休日:毎週木曜日(木曜日が祝日の場合は前日水曜日)
駐車場:9台あり

お車でのご来店の際は、8号線二日市交差点を白山市方面に曲がり、店舗裏手から駐車場に進んでいただくと入りやすくおススメです。

各方面からのアクセスおススメルート

JR野々市駅より徒歩5分

JR金沢駅より車で20分

JR小松駅より車で30分

北陸自動車道金沢西ICより車で6分

 

フェイスブック、インスタグラムやってます。

ホームページの情報やちょっとしたコラムなどを記載しています。よろしければフォローをお願いします。,

最近の記事