新着情報&イベント NEWS & EVENT

新着情報&イベント

1台で万能に楽しめる新型フルサスMTB、2020 FUEL EX 8入荷。(フルサスペンションマウンテンバイク)

2019年8月28日

バイク

先日発表になった新型のフルサスペンションマウンテンバイクが早速入荷しました。

 

2020 TREK FUEL EX 8

カラー:Matte Dnister/Gloss Trek Black

入荷サイズ:M

税込価格¥410,400

 

トレックで最も人気のある万能なフルサスペンションマウンテンバイクがこちらのFuel Exです。

昨年はパーツと金額を抑えたEX5が登場し、さらに人気も出ましたが、今年はついにモデルチェンジです!

今回はさらに万能さに磨きがかかる変更となりました。

 

よりハードなライディングにも対応

今回の大きな変更点の一つ、フロントサスペンションのストロークが140mmに延長されました。

そして、マウンテンバイクで非常に重要なヘッドアングルが寝かされ、ローポジションでは66°と、レメディに近くなりました。

サスストロークの延長と合わせて、よりハイスピード、ハードな走りにも対応しやすくなり、岩岳や福井和泉、富士見などなど、ダウンヒルパークでもより楽しめる仕様となっています。

あまりストロークが長すぎても、近場では持て余してしまうので、普段はトレイル、たまにはパークライド、といった方には丁度いい感じです。

 

より軽く、高剛性なリアフレーム

スラッシュ、レメディ、トップフューエルと、順番に変わってきたので予想はできましたが、リアユニットの取り付けがフルフローターではなくなりました。

昨今のユニットの進化が大きいため、フルフローターでなくても十分なペダリング効率を発揮できるということで、より軽量かつ剛性の高い今回の仕様に落ち着きました。

ユニットはトレック、Fox、ロックショックス共同開発のRE:AKTIVが継続です。

ペダリングに対しては反応しにくく、より効率的な走りができ、路面からの衝撃には柔軟に対応する高性能なショックユニットです。

登りもばっちり対応可能な万能バイク

今回はシート角も見直され、以前よりも角度が立ち、ペダリングもしやすくなりました。トレックのマウンテンバイク全般に言えますが、下りの性能に対して、登りも思った以上に走ってくれるのがすごいところです。

フューエルEXはよりその特色も強いバイクですので、今回の変更で、下りに対しても登りに対しても更に高性能になりました。

パークライドであれば登りは考えなくてもいいのですが、トレイルライドだとそうもいきません。

登ってこそ、下りも楽しめるという考え方もあります!

 

高いグリップ力のセミファットタイヤ採用

タイヤの太さは2.6インチのセミファットクラスに変更されました。

タイヤが太くなることによるグリップ力の向上は非常に大きく、登り下りともに安定したライドができるようになります。

このクラスは非常に簡単にチューブレス化ができますので重量増加は補うことが可能です。

そもそも、効率的でペダリング力を逃がさないフレームですので、重さを感じさせない走りをしますよ!

 

以上が大きな変更点です。その他オススメポイントもご紹介します!

 

不慣れな方も安心、ブレーキ中もサスペンションが動作するABP

トレックのフルサスペンションバイク全般に採用されているシステムの一つがABP(アクティブブレーキングピボット)です。

リアフレームの稼働軸と、リアアクスルが同軸に位置しているシステムなのですが、これが非常に優秀です。

普通のリンクの場合、ブレーキ動作中はリアフレーム、ユニットが反応しにくくなります。(ブレーキ中は衝撃吸収ができない)

ですが、ABPであれば、ブレーキ中も柔軟にサスペンションが動作してくれます

これは初心者の方、そこまでハイスピードな走行を求めていない方にとって非常に大きなメリットです。

ブレーキ中に段差があっても問題なく衝撃吸収してくれますので、やはり安心感が違います!

 

1台で2度おいしい、フレーム特性を簡単に変更可能

こちらもトレック共通の仕様の一つで、Mino Link(ミノリンク)です。

上の画像中央にある部品の前後を入れ替えることで、簡単にフレームの特性を変更可能です。

前後を入れ替えることで、主にヘッドアングル、 BBハイトを2通りに変更できます。

単純に言うと、登りに適した状態(ハイポジション)と、下りに適した状態(ローポジション)を入れ替えできるという感じです。

6各レンチ一本で変更可能ですので、トレイルライド中に切り替える、なんてことも容易です。

 

剛性の高いヘッド周りで狙ったラインを正確にトレース

オフロードライドに置いて、走行するライン取りは非常に重要なポイントです。

一見難しい登りやくだりも、走行するラインによっては意外と簡単に行けた、なんていう場合は多々あります。

トレックのフルサスペンションマウンテンバイクは共通して、Knock Block(ノックブロック)というシステムを採用しており、ハンドルが一定以上に曲がらないようになっています。

そのため、ダウンチューブをまっすぐにでき、ヘッド周りの高い剛性を発揮しています。

ヘッド周りの剛性が高いため、狙った通りのラインを走りやすく、より安定感のあるライドが可能です。

 

必要十分なパーツスペック

もはや当たり前となりつつありますが、大口径のリアスプロケットにフロントシングルの仕様です。

スラムGXグレードですので、変速性能もろもろ、全くと言っていいほど不満はありません!

もちろんドロッパーポストは標準装備です!

一度使うと手放せないパーツの一つです。

ブレーキシステムはシマノディオーレグレードです。フロントローターは203mm、リアローターは180mmで、制動力も十二分でした。

サスペンションのグレードも、ハイエンドではないですが、調整機能、動作も良好なミドルグレードですので、十分に快適なライドが可能です。

 

これだけの仕様だと、後々パーツ交換もほとんど必要がないぐらいですので、そう考えるとお値段にも十分に満足できるはずです!

より万能になりましたので、金沢市や小松市、能登方面などなど、近場のトレイルや山を走るのが普段で、たまにはダウンヒルパークなど、パークライドもしてみたいという方には、ちょうどいいスペックです。

よりハイスピードな領域や激しいコースを求める方には、スラッシュがおススメですが、ペダリングも重視するとやはりフューエルEXだと思います。

 

ハードテールタイプのマウンテンバイクと比べると、フルサスペンションタイプは

金額はかさみます。

その分、ライド中にバイクがかなりの手助けをしてくれますので、初心者の方こそフルサスペンションバイクが安心して走れるのでおススメだったりします。

もちろん、走る状況や場所によって良し悪しはあります。

当店はマウンテンバイクも大得意ですので、ご興味のある方は車種選びも含めてお気軽にご相談ください!

しかし今回のデザイン、反転ロゴはかなりかっこいいですね!

なお、こちらのモデル、試乗車ですので、実際に乗っていただくことも可能です。

近々一度山に持ち込もうと思いますが、気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

専門店だからこその組み立てクオリティ

当店はトレックコンセプトストアとして、スポーツ自転車専門店ならではの徹底した組み立てを行っております。

高価な自転車だからこそ、自転車の性能を完全に引き出し、長く楽しんでいただくための大切な仕事です。

TREKのバイクはお任せください!

ディスカバーバイクスの組立基準

 

 

アフターサポートも万全

当店では、購入いただいたバイクに対し、生涯無料点検、1年間パンク修理半額など、お客様が安心して乗っていただけるように万全のサポート体制を整えております。

購入後のメンテナンスもお任せください!

<ディスカバーバイクス 安心のアフターサポート>

 

TREK(トレック)のスポーツバイクなら、ディスカバーバイクスにお任せください。クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクのエントリーグレードからハイエンドまで、幅広く取り扱いしております。8号線、二日市交差点に位置し、金沢市、白山市、小松市方面からもアクセス良好。富山県、石川県、福井県の北陸三県唯一のトレックコンセプトストアです。

Discover Bikes

〒921-8809  石川県野々市市二日市4丁目1番地
TEL 076-259-1590
営業時間 :12:00~20:00
定休日:毎週木曜日(木曜日が祝日の場合は前日水曜日)
駐車場:9台あり

お車でのご来店の際は、8号線二日市交差点を白山市方面に曲がり、店舗裏手から駐車場に進んでいただくと入りやすくおススメです。

各方面からのアクセスおススメルート

JR野々市駅より徒歩5分

JR金沢駅より車で20分

JR小松駅より車で30分

北陸自動車道金沢西ICより車で6分

 

フェイスブック、インスタグラムやってます。

ホームページの情報やちょっとしたコラムなどを記載しています。よろしければフォローをお願いします。,

最近の記事